シュフ録

36歳専業主婦の備忘録

働いている友人に、昼間何してるの?と聞かれて。

ものすごく久しぶりに友人と電話で話した。

友人は旦那さんと子供が一人いて、保育園に預けながら時短勤務で働いている。

仕事の話や子供のエピソードを話している中で軽く冒頭の問いかけをされ、「大体暇してるよね」と答えてしまった。

 

今回だけではなくて、独身の元同僚と話している時も、同じように聞かれれば冗談交じりで、「近所をうろうろしてる」とか答えてしまう。

そんな風に答える自分にモヤリとするというか、あれなんでこんなこと言っちゃったんだろと毎回思う。

 

確かに、毎日誰かに頼まれた仕事や作業があるわけではないし、急ぎで片づけなければならないことも稀だ。下の子が小さくてお世話があるとか、親の介護中とか、持病があって通院必要とか、在宅ワークとかしているわけでもいない。完全に自分の自由にできる時間がある。

しかし何もしていない、暇すぎてどうしようというわけでもなく、掃除やシーツカーテンなどの大物の洗濯、慌ただしい夕食時や朝のお弁当作りに備えての食事の下ごしらえ、子供と一緒ではなかなかスムーズにいかない買い出し、図書館やクリーニングに行ったり。また、今後ゆくゆくは再就職を考えているので、そうでなくても必要と思うが、家事の効率化などのために家庭内のことを見直す(家計見直し・家事作業の効率化)ことや、掃除や管理の手間を省くために書類や写真、衣類や物の整理など行っていたりする。

まあなんだかんだ過ごしている。

 

これらはすべて自分の家庭内に向けての作業だし、家人からしても特にやってもやらなくても目下の生活は変わらない程度のことかもしれない。ましてやもし仕事をしていたら、子供を見ながら、慌ただしい時間の中でやっていく、もしくはやらないと選択するレベルのことだろう。

しかし、一般的に必要性の低い作業だとしても、私は今は必要と思ってしているし、別に暇と感じているわけでも、暇だからしているわけでもない。まあ私自身がのんびりマイペースに作業を進めることが好きなので、暇と感じないだけなのかもしれないが。

 

別に友人は何か意図を持って聞いたわけではないのだろうし、私が「掃除とか用足しとか、あとはご飯準備したり。色々かな。」とかありのままを伝えていれば良かったかなと思う。

 

今私が外に出て働いていないのは、

・余裕はないが夫のお給料でひとまず生活できる。

・保育園激戦区なのでとりあえず入れない。幼稚園の預かり保育もあるが、そこも利用者が多く、利用できるとしても来年以降らしい。

・夫は深夜帰宅も多く、土曜出勤も時にあり。

・いざというとき頼れる親類は近くにいない。

・基本的に不器用で対応力も低いので、すぐにいっぱいいっぱいになり、育児に余裕がなくなる。

という状況で、多分に甘えの要素も強いが、働き始めてみても何か問題が生じたときにリスクを負うのは自分であり家族なので、家族内で話し合った結果、ひとまずは働いていない。

探したところで就職口がすぐ見つかるかも大いに不安なところだが。

 

今回のように、必要以上に暇であると伝えることで私は何がしたかったのか。

おそらく、専業主婦ではない友人が考えるだろう昼間の専業主婦の過ごしっぷりを勝手に推測して、その通りですよ家にいるだけだし暇してますよ、と言うことで、会話をスムーズに終えたかったのかなと。

もし「なんだかんだでやることあって・・・」と返答したとして、何してるの?と聞かれたら。上述のようなごくごく家庭内の作業を瞬時にペラペラ説明するほどの瞬発力もないし、そんな説明されても鬱陶しいだろうしそこまで興味ないだろうし、結局私個人の過ごし方であり、経験しているのは友人ではないのだから、私の感覚は共感されないだろうし、、共感されない会話もあっていいけど、久しぶりの友人との会話にそんな状況を作り出さなくてもいいよな、とか思ったのだろうか。その時は意図せず回答していたけど今思えば。

 

私自身、自分で選択して働いていない割に、専業主婦に、というか専業主婦という言葉についての何かしらの意識があって、働いている人と話すときになんとなく負い目的な感覚に陥り、素の反応を返せないでいたのかなと考えた。相手は何も感じていないのに過剰に反応してしまうような。自意識過剰なのだろう。

 

と、長く考えを書いてみたが、こんな風にぐだぐだ考えて打ち込んでいる時点で大いに暇なのかもしれないと、今思う。